かおるデスク日記

☆オフィス薫役者リレー☆(第14回:森川美咲)

初めまして、星野くんからバトンをいただきました、森川 美咲です!
ブログ…何せ高校生以来でどう書いたらいいのか、どう書いていたか感覚が掴めていません。
でも、これも何かの縁(?)なので書かせていただきます。

先日とある美術展に行って参りました。

image1.jpg

上野の森美術館で開催中の「怖い絵展」です!

特別、美術作品に詳しい訳ではありませんが。
何年か前に、「怖い絵」の著者の中野京子さんがテレビに出演されていて、
その時に話されていたことが興味深く、
世の中にはこんな作品があるんだということを知って面白いなと思ったのが、今回観に行くきっかけとなりました。

どんな作品があったかここでネタばらしする訳にはいかないので伏せますが、本当に行って良かったと思いました。

ただ単に怖いのではなく、各作品の状況、思い、物語等、その背景を知る。

それによって、悲しくなったり、不思議な気持ちになったり、更により恐怖を感じたり…。
中には、自分があたかもそのシーンを実際に見ているかのような感覚になる作品もありました。
幸せそうな絵なのに、その後の悲しい歴史の背景を知ると、落差にショックを受ける作品もありました。


噛めば噛むほど好きになるとか、何回か見ていくうちに真相がわかるとかいう物がありますが、
怖い絵展の作品も見れば見る程、知れば知る程、よりその魅力に浸っていけるようなものばかりでした。
ただ絵を鑑賞しているというのではなく、絵の訴える力が強いので、自分もその世界へ入り込んでいくような、そんな感覚もありました。


動画で溢れている中、静止画を見てたくさんの刺激を受け、楽しむことができた貴重な時間でした!

怖いのが苦手という方でも、きっと何か感じられるし、知らない間に夢中になっているかも…⁉︎


感想ばかりで長くなってしまったので、ここら辺で締めようと思います!
読んでくださりありがとうございました!

それでは次のバトンですが、柴田絵梨香さんへ繋げようと思います。

またこのブログでお会いできますように、森川 美咲でした♪







スポンサーサイト

PageTop