FC2ブログ
 

かおるデスク日記

オフィス薫役者リレー☆(第24回:麻生まどか)

こんにちは!麻生です。

加藤さんよりバトンを頂きあれこれ考えていたらあっという間に時間が過ぎ、提出も締切間際に。
小学校の夏休みの宿題状態でおとどけします。


皆様健康ですか?


私も薬と言えば葛根湯を飲むくらい。ウイルスにかかること無く病人スキルの低いまま今まで生きて来ました。。。が。。。昨年うっかり健康診断で色んな病気が見つかり通院三昧な生活。

その都度色んな疑似体験をし、ああ、あの作品のあの役はこんな気持ちなのかと引き出しに出し入れする事度々。



そんなある日、日帰りで粉瘤の摘出手術をする事になりました。

皮膚下の老廃物の塊で特に悪性のものでないので20代から放置していたのですが、大きな手術をした後なので今後の診断の妨げになるとの事。

当日自ら狭い手術台に乗り込み部分麻酔を注射されていきました。

しかし麻酔の注射って何であんなに痛いんですか?麻酔の注射が痛くない薬とか欲しい位。(´;ω;`)

手術代も狭く転げ落ちないようにと両手を上げた状態で手足をベルト拘束され手術は進みます。

メスが入る感覚はあるものの痛みは無いのですが、思いのほか入刀の範囲が広く感じます。。。

。。あれ?何かそこまで麻酔かけましたっけ??と思った瞬間。




ぶちっ!!!!




と、脳内で音がしたようなイメージと共に激痛が!!

必死で激痛を訴え、それに追い掛けるように麻酔の注射を打ってきますが、それがまた痛い!!

注射は痛いし、麻酔が効いてない部位をメスで切られるのも勿論痛い!!!

拘束された身体で逃げられる事も叶わず、
      辞めろーー!!ショッカー!!
と大絶叫を!!

勿論脳内で。

ああ、仮面ライダーがショッカーに改造されるシーンこんな感じだったな。。
今なら改造される仮面ライダーの気持ちが分かりすぎます。



後に皮下腫瘍が思いのほか大きくて麻酔範囲を超えてメス入れゴメンね!と医者に爽やかに謝られましたが、殺意を覚えつつ貴重な体験として有難く引き出しに仕舞わせて頂きました。

改造されて泣き叫ぶ役お待ちしてます。


皆様、健康である事に感謝と、そして病人には優しくね。~~~ヾ(^∇^)



ここまで読んで下さりありがとうございました。


次は大先輩の 江沢 昌子さんにお願い出来ればと思います!!
色んな人生相談から兎に角お世話になってます。


(*´∇`)ノ ではでは~








スポンサーサイト

PageTop